トップに
戻る

子宮内膜症

20代後半~30代に多い。子宮内膜およびそれに似た組織が子宮内以外の場所で増殖する。
女性ホルモンの影響により発育が促進される。重症例では不妊を伴う事もある。

子宮筋腫

30代~40代に多い(35歳以上の20%にみられる)
子宮筋層に発生する良性の腫瘍である

卵巣のう腫

すべての年代でみられ、卵巣内に腫瘍が発生する
初期段階では症状があまり出ない為早期発見が難しい

鍼灸の効果

・崩れてしまっているホルモンバランス、自律神経を
整えることができます。
・血行を促進し、心身ともにリラックスします。
・自然治癒力を高めることにより痛みを緩和させ症状の
改善へと導いていきます。

その他の症状チェック!

子宮内膜症
 月経痛が年々ひどくなっている
 痛み止めを飲んでも効かない、年々薬を飲む量が増えている
 排便時に痛みがある
 赤ちゃんが欲しいがなかなか妊娠しない

子宮筋腫
 生理の出血量が多くレバー状の塊が混じる
 めまいや貧血を起こすことがある
 仰向けに寝て下腹部を触ると、こぶのようなものが感じられる
 尿の間隔が短い
 便秘しやすい

卵巣嚢腫
 下腹部に膨れた感じや圧迫感がある
 ウエストのサイズが大きくなった
 おりものが増えた
 不正性器出血がある
 便秘しやすい

普段何気なく見過ごしている症状にもいろんな原因が隠れている可能性もあります。
1人で悩まず、ご相談ください。

メールでのお問い合わせ