トップに
戻る

2016.03.24 生理痛の原因と言われる月経困難症とは?

JR 尼崎 しおえ緑遊鍼灸整骨院です。
こんにちは(^^)

本日は多くの女性が悩んでいる生理痛について。
最近知られてきているのが、月経困難症といわれるものです。

月経困難症とは

月経の直前あるいは月経時に下腹痛や腰痛といった痛みを主症状とし、種々の症状を伴う状態

をいいます。

月経困難症には2つの種類があります。
①ホルモンバランスの崩れや、初経後すぐにまだ月経周期が安定しない頃にみられるもの
②子宮内膜症や子宮筋腫などに伴い発症するもの

①の場合は成長や妊娠、出産などにより症状が軽減されたり、消失したりします。

②の場合は加齢による症状の憎悪や、妊娠、出産の妨げになる可能性もあります。

症状の特徴は
①は2日程の痛み、月経時のみの痛み
②は5日は続く痛みがあり、月経時以外にも排便時や性交時に痛みを伴う事もあります

このように同じ生理痛でも原因は様々あります。
まずは痛みの周期や時期を観察するようにしてみて下さい。

どちらにしても鍼灸治療は可能となります。
次回は治療の考え方についてお伝えしますね!!

みなさんは、どちらの種類の生理痛でしょうか?
一度かんがえてみてくださいね!!

 

メールでのお問い合わせ