トップに
戻る

2016.03.11 生理前の頭痛・腹痛・下痢などの症状の正体は??

JR 尼崎 しおえ緑遊鍼灸整骨院です。

こんにちは!
また一段と冷え込んできましたが皆さん体調はいかがでしょうか?

今日は多くの女性が抱えている症状についてご説明します。

女性の皆さんに存在する月経。
最近、頭が痛いな…、下痢気味だな…、体調が悪いな…
と、思っていたら生理がきた!
という経験をされている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか??

生理前に発生する頭痛などの症状があり、生理周期が始まると治まり、また次の生理前になると発生する。
こういった症状を月経前症候群(PMS)と言います。

多くの方が悩まされている月経前症候群の特徴をまとめました。

☆月経前3~10日続き、月経の発来と共に弱まるもしくは消失する

☆主な症状 : 頭痛、関節痛、腰痛、乳房痛、乳房腫脹、下腹痛、便秘、下痢など

☆精神症状 : イライラする、怒りっぽい、情緒不安定、引きこもりなど

☆その他症状 : 浮腫、食欲減退・亢進、体重増加など

大きな特徴は、これらの症状が
①周期的に出現していること
②月経前に出現していること
③日常生活を障害していること

この3点がポイントとなります。

原因は諸説ありますのでまた詳しくご説明します。

原因や、何が原因か分からず悩んでいるその症状は、解決できるものがあるかもしれません。
まずはお気軽にご相談ください(^O^)

 

メールでのお問い合わせ